Top>工業会のご案内

工業会のご案内

▼工業会の沿革

・戦時中
  当時の政府の方針に従い産業団体の母体として「大阪府産業報国会十三橋支部」が発足。

・昭和20年 10月
  「産業報国会」は太平洋戦争終結に伴い勅令により解散。

・昭和21年 3月5日
  戦後、産業復興を痛感する経営者が相寄り、新団体結成に尽力、会員数486社をもって十三工業協会を設立。

・昭和33年 7月1日
  社団法人として大阪府知事の認可を得て「社団法人十三工業会」が誕生。

・昭和35年 1月20日
  失業保険事務組合として大阪府知事から認可。

・昭和42年 2月22日
  労災保険事務組合として労働大臣から認可。

・平成元年 10月1日
  地域範囲を明確にするとともに組織の強化をはかり、当会の飛躍的発展を期するため名称を
  『社団法人 淀川工業会』に変更。現在に至る。

・平成24年 4月1日
  一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う
   関係法律の整備等に関する法律の規定に基づき、大阪府知事の認可を得て一般社団法人 淀川工業会となる。


▼工業会の目的

この法人は、大阪市淀川区の区域において、わが国産業の振興発展を図るため、会員の専門的知識と教養を高め、
会員企業の繁栄と従業員の安全を守り、地域産業の健全な発展に寄与することを目的としています。
また、企業も地域住民の一員であるとの認識から、心の触れ合う連帯感のある豊かなまちづくりを期して、
地域社会との共生・共益に努め、地域社会全体の福祉の向上に資することを目的としています。


▼組織と活動

名 称 一般社団法人 淀川工業会
事務所 大阪市淀川区十三東1丁目18番30号 淀川産業会館内
電 話 (06)6303-8007
FAX (06)6303-8008
yodogawakogyokai@true.ocn.ne.jp
http://yodogawa-kogyokai.com/
構 成 当工業会は、淀川区域内で事業を営む個人または法人で、当工業会の目的に賛同したものを以て組織しています。
活動 会員相互の交流を大切にするとともに、企業経営の合理化・近代化・技術の向上・社員の福利厚生・ビジネスチャンスの創出・産業振興に関する各種研修・講習、情報の収集・提供などの諸事業を行い、日常的業務としては労働保険事務組合として中小企業の雇用保険・労災保険事務を代行するとともに、行政機関・諸団体と連携し地域社会の発展に寄与するなど、一般社団法人としての諸活動を積極的に展開しています。
▲上に戻る